まちづくり拠点の支援事業

まちづくり拠点の支援事業

地域のまちづくり活動における計画づくりから、協働による事業化までの支援を総合的に提供する「まちづくりセンター」への参画・支援を行っております。
情報提供や人材育成、各種の活動団体や支援機関との交流・連携などを通じ、それぞれの地域特性に合わせた事業を行います。
2006
年に北部地域の柏の葉アーバンデザインセンター【UDCK】が始動し、2015年には中央地域で柏アーバンデザインセンター【UDC2】が開設されました。
今後は、南部地域においても検討し調査を進めていきます。

●かしわまちづくりセンター

machidukuri_01 machidukuri_02 machidukuri_03
北部地域(UDCK) 中央地域(UDC2) 南部地域

UDCKへの参画

柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK:Urban Design Center Kashiwa-no-ha)は2006年に柏市北部「柏の葉地域」における公民学が連携したまちづくりの拠点として、開設されました。
地域をベースに、市民と行政、企業、大学などが連携してまちづくりを進めていくために、多様な主体の連携のプラットフォームとしての役割を担い、他にもシンクタンクや情報発信の役割も担っています。
公社も協力団体として、事業や管理に携わっています。

UDCKウェブサイトはこちら

201404UDCK center-pinokio
UDCK ピノキオ
center-marushe center-kashiwanoha
マルシェコロール 柏の葉キャンパス駅周辺

UDC2への参画

2011年度より委員会を設け、中間支援的組織(まちづくりセンター)の必要性やその機能に関して議論を進めてきました。委員会を設けると同時に、行政、民間が共にまちづくりについて学び・情報共有をする課題を検討してきました。
2015
年に柏アーバンデザインセンター(kashiwa Urban Design Center)として柏駅周辺地域のまちづくり拠点として開設されました。 北部地域と違い、既成市街地で多くの関係者が存在することから、多様な主体のプラットホームとしての役割を担い、情報発信の役割も担っていきます。

UDC2ウェブサイトはこちら

udc2

Copyright(c) 2013–2017 一般財団法人 柏市まちづくり公社 All Rights Reserved.